fc2ブログ

Emergent Blog

ヒーリングサロン エマージェントのブログです
Top Page » Next

特別な自分を手放すと孤独ではなくなる

コースの学びが進んできてから、少しずつ自分の在り方が変わってきました。特に変化を感じるのは人とのコミュニケーションの場面です。「自分 vs. 外の世界」という捉え方ではなくなり、自分が一人の人間というよりも大きな一つの心の一部であるように感じられるようになってきました。たとえば大勢の人の中にいる時は、自分個人として動くのではなく、その場に一番ふさわしい言動が私を通って表現されるのだと感じ、全体と共に自...
コースの学びが進んできてから、少しずつ自分の在り方が変わってきました。

特に変化を感じるのは人とのコミュニケーションの場面です。

「自分 vs. 外の世界」という捉え方ではなくなり、自分が一人の人間というよりも大きな一つの心の一部であるように感じられるようになってきました。

たとえば大勢の人の中にいる時は、自分個人として動くのではなく、その場に一番ふさわしい言動が私を通って表現されるのだと感じ、全体と共に自然に動くように感じられます。

その在り方は自分が一人の個人として在るよりもずっとずっと楽で、全体と共に動いているなら「自分の責任」などというものも感じません。




それでも、いつもそういう風にいられるわけではなく油断するとすぐエゴに戻ります。

時々エゴに戻るきっかけみたいな出来事があるのです。

私の感覚では、大勢の中にいる時よりも一対一でのコミュニケーションの時の方が個人を感じやすくなるみたいです。

きっと大勢の中にいる方が全体の動きを感じやすく、誰かと一対一でいる時の方が相手のダイレクトな反応が気になったりするので個人に戻りやすくなるのかもしれません。




エゴは自分が肉体に入っていると思っていて、肉体と自分を同一視しています。

そして相手のことも肉体だと思っています。

その状態で人と話すと、エゴとエゴの会話になります。

エゴ同志の会話では、お互いに自分を守ろうとします。

相手には言わないまでも、心の中では常に相手をジャッジしていたり、自分の特別性を維持しようとしていたりします。




「特別性」というのは、自分は人とは違って特別であるというエゴの思いです。

自分が人より優れているという優越感だけでなく、自分は人よりずっと苦労しているなどという思いも同じく特別性です。

エゴは特別性を維持することにより、自分を特別な個人として全体から分離させたままにします。

コースのテキスト第24章は特別性について書かれた章ですが、その中にこのような箇所があります。

特別な者たちだけが、敵を持つことができる。彼らは異なっていて、同一の存在(もの)ではないからである。

(T24-1-3-5)

特別な自分でいる限り全体に戻ることはできず、自分以外の誰かを敵とみなし攻撃することになります。

でも攻撃している相手は実は自分と同じものですから、誰かを攻撃することで自分も傷つけることになります。

特別な自分(エゴ)には苦しいことしかありません。

そういう苦しい在り方から脱却して、自分の本当のアイデンティティーを取り戻したいですよね。




そのためには自分がまず肉体ではなく、心であるということを思い出そうとしてみて下さい。

心に戻るというのは立ち位置を肉体の中に置かないということ、それは肉体を脇に置いておくような感覚です。

そうすると、それだけでも人との境界線がなくなったように感じられ、人と心で繋がるということがどういうことなのかがだんだん感じられるようになってきます。

自分は個人ではなく、たった一人で孤独でもなく、すべての人と繋がっていたのだと感じられるようになります。

そうなって初めて、今まで自分がずっとエゴと同一化していたこと、全体から分離していたことが見えてきます。




正しい心の状態で相手と会話ができると、自然で心温かな会話になります。

その会話からはそれぞれがとても嬉しいものを受け取ることができ、一緒に過ごす時間はとても実りのある素敵な時間になります。

相手がエゴを選んでいたとしても、自分自身がエゴを選ばず正しい心でいるなら共鳴が起こり、相手の方も緩んできます。

それこそが癒しですよね♡

そういう体験が増えてくると学びがどんどん楽しくなってきます。




ACIMシェアリングセッション

奇跡講座(奇跡のコース、ACIM)の学びを共に体験していくためのセッション、「ACIMシェアリングセッション」を始めます!こちらは私が一方的にお教えするような形ではなく、お互いの体験をシェアして一緒に学んでいくことを目的としたセッションです。コースの基本的な教えや、コースの学び方、赦しの実践方法、日常生活への活かし方などをお伝えすると同時に、一緒にワークブックやテキストを読んだり、日常生活でコースの教えを...
奇跡講座(奇跡のコース、ACIM)の学びを共に体験していくためのセッション、「ACIMシェアリングセッション」を始めます!

こちらは私が一方的にお教えするような形ではなく、お互いの体験をシェアして一緒に学んでいくことを目的としたセッションです。

コースの基本的な教えや、コースの学び方、赦しの実践方法、日常生活への活かし方などをお伝えすると同時に、一緒にワークブックやテキストを読んだり、日常生活でコースの教えを実践していくことで得た気づきや学びをお互いにシェアしたりしていきます。

お互いに学ぶという形であることと、私にとって初めての試みであるということから、料金は低めに設定しています。

詳細は以下をご覧下さい。


【セッション対象者】

これからコースを学びたい方

コースを学び始めて1~2年程度の方


【セッション形式】

Zoom、Skype、電話などによるオンラインセッション(1回60分程度)

カメラの使用に抵抗がある方は音声のみでも大丈夫です。


【セッション料金】

初回 5,000円

2回目以降 1回3,000円


コースの学びを継続していくためにも、セッションも定期的に継続して受けて頂けるとより効果的かと思いますが、コースについての質問がある時だけ受けるという形でも大丈夫です。

ご興味を持って下さった方は、ぜひ1度お試し下さい。


お申し込みはこちらからお願いします
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=382adab2add7d719

ご質問などはこちらのお問い合わせフォームをご利用下さい
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=13bc80c28a888c71



奇跡は自然なもの

コース(奇跡講座/奇跡のコース)の学び・実践を進めていくうちに、いろいろなことが少しずつ変わってきていることを実感しています。 最近は特に変化が加速度的に起きています。 まぁ、同時に気分のアップダウンもなかなか激しいのですが(^^; コースの「赦し」を実践していくことは、自分の中の闇を真正面から見つめていくことになるので、時にはひどい自己嫌悪に陥ります。 ひどい時には「もう私は私を止めたい‼」という、...
コース(奇跡講座/奇跡のコース)の学び・実践を進めていくうちに、いろいろなことが少しずつ変わってきていることを実感しています。

最近は特に変化が加速度的に起きています。

まぁ、同時に気分のアップダウンもなかなか激しいのですが(^^;

コースの「赦し」を実践していくことは、自分の中の闇を真正面から見つめていくことになるので、時にはひどい自己嫌悪に陥ります。

ひどい時には「もう私は私を止めたい‼」という、死にたくなるほどの強い気持ちが起きてきます。

でも「私が私を止める」ということは、つまり偽物の自分(エゴ)との同一化をもう止めるということであり、それこそがコースが導いてくれようとしているところなのだと思います。

なので、辛い時こそ学びがとても上手く進んでいるということなのだと思います。



そういう辛い時はなかなかしんどいですが、私の場合は大体1日~2日くらいで抜けてその後は気分がスッキリします。

そして今度は逆にすべてのことがとてもうまく回り始めたりします。

先日もちょうどそのターンで、嬉しいことがいろいろ起きました。

人からものすごく優しくされたり、逆に自分が相手に対して優しさを表現させてもらえたり、 今まで単なる知り合いだった人が急に心を開いてくれたり…

エゴを選ばずにいることで周りの人との距離が縮まるのだと思いますが、本当に周りの誰もが自分の兄弟・姉妹のように感じられます。

エゴでなくなると「肉体=自分」ではなくなるので、人との境界線を感じなくなるのです。

あと、何となく気になっていたことが誰もが喜ぶ一番いい形で落ち着いたりもしました。

そして神様に「あなたの欲しいものを全て最高の形で用意しました」と言われたような気がしました(^^)

エゴを選ばずにいれば、このように奇跡のようなことばかりが起きることがきっと自然なのでしょう。

そういえば、テキストにもそのような箇所があります。

奇跡は自然なものである。それが起こらないときは、何か間違いが起こったのである。

(T-1-1-6)

でも良いことばかりの時でもただただ「嬉しいっ!」とはならず、こんなに良いことばかり起きるなんて何か怖い…と感じてしまうものなのだということにも気づきました。

恐いほど 幸せが押し寄せる!みたいなことに全く慣れていないからか、何か急に怖くなるのです。

まぁそしたらまたその「怖い」を赦していけばいいのです。



変化が実感できるようになってくると学びがとても楽しくなり、やる気も持ち続けられるようになってきますが、最初はそういう変化は全然感じなかったので続けるのは結構大変でした。

特に始めたばかりの時はテキストやワークブックの教えもあまりよく理解できないし、今日はやりたくない!と思う日が多く、それがエゴの抵抗であることも分からなかったので、平気で何カ月もサボったりしました。

サボったり戻ったりを繰り返しながら、何とか続けているうちにエゴとの同一化がいつの間にか緩んできたのだと思います。

気づけばだいぶ楽になっていますし、辛い時もやるべきことが分かっているのでそれをやればいいだけです。



最近、コースのテキストやワークブックを一緒に学んでいくフリーセッションのようなものができないかな~と考えるようになりました。

私は上級者ではないので難しい形而上学の教義を解説するようなセッションはできませんが、コースの学びを進めていく中で、自分が思ったことや体験したことなどを誰かとシェアできる機会があれば、お互いにより効果的に学べると思うのです。

それも、できればすごく敷居の低い形にしたいな~と思っています。

何らかの形ができあがったらまたこちらでご案内をさせて頂きますね。

ご興味のある方と一緒に学んでいけたら嬉しいです。

学びにコミットする

今年初めての更新になります。本年もどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m 今年は年初から大きな地震や事故など、いろいろなことが起きていますね… 災害や事故に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。 災害などを直接経験していない方にとっても大きく心が揺さぶられることが多いかと思います。 大きな出来事だけでなく、日常的な小さな出来事などによっても同じように心の中に恐怖や不安、無力感などい...
今年初めての更新になります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m



今年は年初から大きな地震や事故など、いろいろなことが起きていますね…

災害や事故に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。

災害などを直接経験していない方にとっても大きく心が揺さぶられることが多いかと思います。

大きな出来事だけでなく、日常的な小さな出来事などによっても同じように心の中に恐怖や不安、無力感などいろいろなものが出てきますよね。

そういう感情やいろいろな思いを正直に見て、自分の間違った心を癒しながら、正しい心の方をしっかりと選んでいきたいですね。




私は年初に、今年もブレることなくしっかりと「奇跡のコース(奇跡講座)」の学びを行っていこうと決めました。

ですがこの学びは真面目にやればやるほど自分の中から山のようにゴミが出てきて、しんど~!となります(^^;

時にはめちゃくちゃ自己嫌悪に陥ってズドーンと落ち込んだりします。

なので、この学びを止めたくなってしまうということがしょっちゅう起きるのです。

エゴが生き延びるために使うネタは人によっていろいろ違うと思いますが、私にとってそれは無価値感のようです。

「自分にはこれが足りない」とか「自分はまだ十分ではない」などという思いがなんと多いことか!

そのような考えは真理ではないと気づき、自分の間違いを認め、それを取り消すといったことがコースで言う「赦し」の実践なのだと思います。

ですが、エゴと同一化してしまうと「自分はまだ十分ではない」をそのまま信じ込み、ついついまた自分を良くしようというこの世の活動に取り込まれてしまいます。

それではエゴを強化するばかりで「赦し」どころではありません。




自分がエゴであるという強い洗脳を解くには、それなりの時間とエネルギーが必要であり、できる限りコースの教えに触れたり、実践を行ったりしていくことがとても大事なのだと思います。

(と言いながらお正月はゆるゆると過ごしてしまい、結構サボってしまいましたがw)

コースの学習者でない方も、それぞれ学びの道で真摯に取り組むことがきっと大事なのではないでしょうか。

「目覚めて生きる」ことへの願いがあるなら、きっとそれが人生で一番優先順位の高いことになっていくはずです。

そのための学びは簡単に片手間でできることではないし、そのこと以外に意味のあることなどないと分かるからです。

この世でやっていることが何であれ、それは手段であり、目的は目覚めて生きることとなります。

というわけで、今年も「赦し」をしっかり行いながら、日々精進していきたいと思います☆




エゴではなく聖霊を選ぶ

ここ数日忙しくてついACIM(奇跡講座/奇跡のコース)の学びをサボってしまい、一気に夢の世界に戻ってしまいました。本当に、余程訓練を積んでいない限り、あっという間にエゴに戻りますね。 一人でいる時はまだいいのですが、誰かと一緒にいるとすぐにエゴに引っ張られてしまいがちです。 夢の世界の住人になると重苦しさが戻ってくるのですぐに分かります。私たちの本質は心であり、そこには二つの選択肢があります。間違った...
ここ数日忙しくてついACIM(奇跡講座/奇跡のコース)の学びをサボってしまい、一気に夢の世界に戻ってしまいました。

本当に、余程訓練を積んでいない限り、あっという間にエゴに戻りますね。

一人でいる時はまだいいのですが、誰かと一緒にいるとすぐにエゴに引っ張られてしまいがちです。

夢の世界の住人になると重苦しさが戻ってくるのですぐに分かります。




私たちの本質は心であり、そこには二つの選択肢があります。

間違った心(自我/エゴ)と正しい心(聖霊/ホーリースピリット)です。

ACIMによると、聖霊とは私たちを正気に戻して夢から目を覚ますのを助けてくれる存在です。

(ハイヤーセルフのような感じですが、聖霊は個人個人についているようなものではありません。)

私は朝起きた時に必ず聖霊のガイダンスに従うことを選択します。

そうしないと惰性でエゴとして行動を始めてしまいます。

このルーティーンをちゃんとやっても数時間もすると必ずエゴに戻ってしまうので、一日のうちに何度も選択し直します。

油断していると選択し直すことを忘れて、長い時間をエゴとして過ごしてしまうことになります。

エゴとして、今目の前に見ている世界をどうにか良いものにしようとか、そういう考えで動き始めてしまいます。





朝起きた時のこのルーティーンを本当に真面目にやり始めたのは今年になってからかなと思います。

それまでは何となく気分次第でやったりやらなかったりしていました。

でも真剣に取り組み始めてから、やっと学びが進んできたという実感を得られるようになってきました。

そして、ACIMにしても他の教えにしても、知的に理解しただけでなく真摯に実践していかなければ、目を覚ますことは到底無理なのだと痛感するようになりました。

真摯に実践していくと、自分(エゴ)がイヤでたまらないものを見なくてはいけないことも分かりました。

真面目に取り組んでいなかった時には巧妙に見ないように避けていた自分の中のものすごい闇、無価値感や罪悪感などが本当に山ほど出てくるのです。

それで学びから逃げたくなって、辞めたくなって、サボったりするわけです。




ACIMの学習者はみんなこのような道を辿るそうです。

闇に正面から向き合うことになるので、苦しくて止めたくなる…

でも少しでも学びが進んできて、少しでも光を感じることができたなら、必ずまたこの学びに戻ってくるのだと思います。

これは奇跡についてのコースである。

必修科目である。

いつ受講するかだけがあなたの自由である。

これはACIMのテキストの冒頭に書かれている言葉です。

つまりこれは誰にとっても必修の学びであり、自分が選べるのは「いつやるか」ということだけだということです。

私にとっても、このコースを学ぶタイミングがちゃんと来たので始めたのだと思います。

今のところ苦しいことが多く、定期的にしんどくなって定期的にイヤになってはいますが、少しずつしんどい時期の乗り越え方が分かってきたようで、すぐに逃走することはなくなりましたw

どなたかが言っていましたが、この学びは筋トレのようなもので、筋肉がついてくるとそれなりに負荷に耐えられるようになるみたいです。



何か大晦日のブログにふさわしい内容ではなかったかもしれませんがw

自分の今年のまとめとしてこのようなことを書かせて頂きました。

この世界にいて目を覚ましたいと思っている人はほんの一握りなのかもしれません。

その中でも、ACIMを選んで学ぶ人はマイナーの中のさらにマイナーな人なのだと聞いたことがあります(笑)

そんな状況の中で、このブログを読んで下さっていてACIMを学び始めたいと思われる方がもしいらっしゃいましたら嬉しいですし、今後一緒に学ぶ機会などを作っていければいいなーなんて…何となく考えています。




では皆さま、良いお年をお迎えください♡