fc2ブログ

Emergent Blog

ヒーリングサロン エマージェントのブログです

Top Page › 癒し › 自分流の現実
2021-07-26 (Mon) 18:00

自分流の現実

現実には始めから何かの意味があるわけではありません。

人が現実にいろいろな意味を与えています。

自分勝手に解釈し、意味を与え、自分バージョンの現実として見ています。

人は…というか自我は、過去の経験から様々な思い込み、信念、価値観などを持ち、そういうものを通してしか周りの物事や周りの人を見ることができません。

そういった自分のフィルターを通して見ている現実は決してありのままの真実ではなく、主観的な解釈であり、偏見とも呼べるほどに自分流のものです。



ありのままを見ずに自分独自のフィルターを通して見ているということは、色のついたサングラスをかけたまま何かを見ているようなものです。

なのに、自分がサングラスをかけていることに気づかずに、自分の見ているものがたった一つの真実なのだと思っていたら…?

人とぶつかる時は大抵そういう勘違いから起きています。

自分も相手もそれぞれ別の色のサングラスをかけていたら、見ている現実はもちろん同じものではないのですが、相手も同じものを見ているはずだと勘違いし、自分の正しさを主張し、相手をジャッジしたり非難したりしてしまうのです。



まずは自分がありのままの現実を見ていないことを知る必要があります。

手始めに、自分が独自のフィルターを通して現実を見ているということ、ありのままを見ることができていないという前提に立ってみて下さい。

自分が見ているものは中立のものではなく、自分の過去の経験や記憶などのイメージを上から重ねた自分流の解釈のものです。

まずはそれを受け入れてみることから始めます。

自分が現実にどのような意味を与えているのか、どのような色づけをしてしまっているのかを知るのは簡単なことではないかもしれません。

実は、人とトラブルになったり、自分が不快な思いをしたりした時がチャンスです。

そういう時に自分がどんな思い込みを持って現実を見ているのか、自分の心の中をよく探してみて下さい。

そういう体験を通して自分なりの思い込みや信念に気づき、それらを手放せると、自分の中の不自由さが少しずつ軽減されていきます。

そして自分と違う相手の視点をもっと理解してみようと思えるようになる…つまり器が大きくなっていきます。

器が大きいというのは、受け入れられることが多いということですね。

器が大きい人は人から尊敬されたり愛されたりするのだと思いますが、それより何より、そうなってくると自分自身がとても楽になります♡


最終更新日 : 2021-07-26