fc2ブログ

Emergent Blog

ヒーリングサロン エマージェントのブログです

狂気と正気

以下は奇跡講座のワークブックのレッスン76からの引用です。

レッスン76の主題は「私は、ただ神の法則のもとにある。」というものです。

私はこの部分を初めて読んだ時にかなりガツンときましたので、ここで少しご紹介させて頂きますね。

3.自分を救うためにあなたが定めた奇妙で歪んだ法則は、あなたを縛ってはいない。それを認識することが、どれほどの自由をもたらすか、考えてみなさい。あなたは、山積みにした紙切れの束と大量の円形の金属がない限り餓死してしまうと、本気で思っている。小さな粒状の固体や、鋭い針で血管に注ぎ込まれる液体が、病気や死を寄せつけずにいられると、本気で思っている。別の肉体があなたの傍にいない限り、自分は孤独だと、本気で思っている。

4.このようなことを考えるのは狂気である。 あなたはそれらを法則と呼び、何の用途もなく何の目的にも役立たない儀式を連綿と連ねた目録の中に、さまざまな名称を用いて分類している。 あなたは、医学、経済学、健康などの「法則」に従わなければならないと思っている。肉体を守れば、あなたは救われる、というわけである。

5.これらは法則などではなく、狂気である。 自らを傷つける心によって、肉体が危機にさらされている。肉体が苦しむ理由はただ一つ、心が心自体の犠牲になっていることを心に気づかせないためである。肉体の苦しみは、真に苦しんでいるものは何なのかを隠すために心がかぶる仮面である。心は自分が自分の敵であることや、自分で自分を攻撃していて、自分が死にたいと思っていることを、理解したくない。この事実から逃れるためのものである肉体を救おうとしているのが、あなたの「法則」である。このためにこそ、あなたは自分が肉体だと思っているのである。(W-pI-76-3~5)

(「奇跡講座」中央アート出版社)



「この世界は幻想だ」と頭で分かったつもりになっていても、実は私もお金や健康などのこの世界の法則をしっかり信仰していたことにハッと気づかされた箇所でした。

レッスン76には私たちの救済はこの世界にはない、この世界の法則を信じてそれに従っているなら正気を失っているのだということが繰り返し書かれています。

また自分が正気を失い、自分が肉体であると勘違いした時に何度でも読もうと思っています。

少しでも関心を持たれた方は前後の文章もぜひ読んでみて下さい♪



Last Modified :